知っておいて損はない!乾燥肌対策として美容液を選ぶには

 

毎日のケアに欠かせない化粧品である美容液。この美容液をしっかりと選ぶことによって、頑固な乾燥肌を改善できることをご存知ですか?

 

今回は、乾燥肌対策になる上手な美容液の選び方をおまとめいたしましたので、ご覧ください。

 

細胞間脂質に注目して選ぶ

 

乾燥肌の方が美容液を選ぶ際に、最も重視したいのが保湿力です。
そのためには、この『細胞間脂質に注目して選ぶ』というのが有効です。

 

お肌の潤いを保っている成分の約80%は、セラミドなどの細胞間脂質です。

 

美容液によって、この細胞間脂質自体や、細胞間脂質を増やす成分を取り入れることで、より効率よくお肌を潤わせることができます。

 

細胞間脂質の約40%はセラミドであるため、セラミド配合の美容液がおすすめですね。

 

特におすすめなのが、『ヒト型セラミド』が配合ざれている美容液です。
お肌の中にあるセラミドと同じ化学構造をしているため、刺激が少ないという特徴があります。

 

また、保湿力も高いためこちらの『ヒト型セラミド』がおすすめなんです。

 

成分表記には、『ヒト型セラミド』の他にも『セラミド2』や『セラミド3』のように記載されていることもあります。

 

これと同時に、『ライスパワーNo.11エキス』や『ユーカリ抽出液』などのセラミドの生成を促してくれる成分も取り入れると、より高い保湿効果に期待ができますよ。

 

水分を保持してくれる成分から選ぶ

 

お肌の潤いのためには細胞間脂質が大切だと説明してきたのですが、もちろん水分を取り入れることも大切です。

 

ですが、水をそのままつけるだけでは、もちろん保湿をすることはできません。
美容液を使って期待できるのは、『水を取り入れること』ではなく、『水分を保持すること』です。

 

お肌には、『水分を含んで保持してくれる成分』と『水分を吸着して保持してくれる成分』があります。

 

これらの成分は元々は体の中にあるものなのですが、加齢や生活習慣などから減少した結果、乾燥肌を悪化させてしまっているんですね。

 

『水分を含んで保持してくれる成分』には、ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンがあります。

 

一方の『水分を吸着して保持してくれる成分』には、天然保湿因子(NMF)の構成成分である『アミノ酸』・『ピロリドンカルボン酸』・『ミネラル』や植物エキスなどがあります。

 

これらの、水分を保持してくれる成分を美容液から取り入れることで、お肌の表面だけではなく中からのハリや潤いなどを実感することができます。

 

『水分を含んで保持してくれる成分』が配合されている美容液には比較的安価なものもあるため、しっかりとお肌全体に行きわたるように使いましょうね。

 

保湿力の高い成分に注目して選ぶ

 

先ほど、『お肌の潤いには細胞間脂質が大切』だとご紹介いたしました。

 

これをもっと詳しく説明すると、細胞間脂質同士が層になっている間に水分を挟み込むことで保湿がされているんです。

 

そこで、この働きをしてくれる『保湿力の高い成分に注目して選ぶ』ということを最後にご紹介したいと思います。

 

具体的な成分名は、『リピジュア』・『ステアリン酸コレステロール』・『水素添加大豆レシチン』です。

 

これらの成分には、水分を挟み込むという非常に高い保湿力があるため、ひどい乾燥肌だという方でも改善が期待できます。

 

特に、『リピジュア』はヒアルロン酸の約2倍もの保湿力がある上に、洗い流しても効果が継続するためおすすめです。

 

ヒアルロン酸や天然保湿因子(NMF)構成成分が配合されている美容液を選んだ場合には、これらの水分を挟み込む成分が配合されている化粧品を併用することで、より高い効果が期待できますよ。