種類によっては乾燥悪化も?乾燥肌対策におすすめなクレンジング剤の選び方

カサカサ乾燥肌の方は、メイクを落とす『クレンジング』の選び方も大切です。

 

乾燥肌に合ったクレンジング剤を選ぶことで、乾燥対策をすることもできます。

 

そこで今回は、乾燥肌対策になるクレンジング剤の選び方をご紹介したいと思います。

 

用途に合わせて選ぶ

 

クレンジングを選ぶ際には、この『用途に合わせて選ぶ』ということが大切です。

 

クレンジング剤は、種類によってクレンジング力とお肌への負担が違います。

 

クレンジング力は、強いものから『拭き取りタイプ』・『オイルタイプ』・『ジェルタイプ』・『クリームタイプ』・『ミルクタイプ』です。

 

お肌への負担はクレンジング力と比例します。
そのため、『拭き取りタイプ』が最も負担が大きく、『ミルクタイプ』が最も負担が小さいと言えます。

 

お肌の潤いを保っているバリア機能が低下しやすい乾燥肌の方は、できる限りお肌への負担が小さいものを選ぶのがおすすめです。

 

ですが、負担が小さいものほどクレンジング力は弱いのです。

 

そのため、マスカラやアイラインなどの落としにくいポイントメイクはクレンジング力の高い『オイルタイプ』を、その他のメイクはお肌への負担が小さい『クリームタイプ』や『ミルクタイプ』をというように、用途に合わせて選ぶのがおすすめなんですね。

 

界面活性剤不使用のクレンジングを選ぶ

 

乾燥肌が悪化するクレンジングの特徴として、『界面活性剤が含まれている』というものが挙げられます。

 

この界面活性剤は、化粧品を落とす力が強いため、多くのクレンジングに配合されています。
そこで、この『界面活性剤不使用のクレンジングを選ぶ』というものも有効だと言えるのです。

 

具体的には、オリーブオイルやホホバオイルなどの自然由来のオイルでクレンジングをおこなうものや、コールドクリームなどを使い、『洗い流さずに使う』クレンジングのことです。

 

洗い流さないために、違和感から何度も拭き取ってしまう方もいらっしゃいますが、お肌への影響は少ないためゴシゴシとこすって無理に落とす必要はありません。

 

つけて洗うだけのクレンジングと比べて手間はかかるのですが、お肌のバリア機能を担っている角質層を傷つける可能性が低いため乾燥肌の方にはおすすめできるクレンジング剤です。

 

特に乾燥がひどい方には純石鹸がおすすめ

 

洗顔料として選ぶ方が多い石鹸なのですが、実はメイクを落とす力もあるんです。

 

数多くある石鹸の中でも、乾燥肌がひどい方におすすめなのが『純石鹸』です。

 

純石鹸は、純石鹸の界面活性作用によって洗浄をおこなうもので、それ以外の合成界面活性剤を含んでいません。

 

純石鹸は水に触れると界面活性力が消えることから、お肌負担となる成分が残留する可能性が非常に低く、バリア機能を低下させる可能性も低いのです。

 

そのため、お肌の乾燥に悩んでいる方には純石鹸がおすすめできるのです。

 

ただ、他のクレンジング剤と比べてクレンジング力は低く、ファンデーション程度なら落とすことができるものの、マスカラなどの濃いポイントメイクを落とすことは難しいのです。

 

そのため、元々メイクが薄い方は純石鹸のみでもよいのですが、ポイントメイクをしている方は他のクレンジング剤と組み合わせて上手に使うのがおすすめです。

 

また、純石鹸はアルカリ性であるため、落とした後につっぱりを感じることがあります。

 

こちらは、洗顔後にきちんとケアをすることで感じなくなりますので、ご安心ください。