化粧水に合わせて選ぶ?乾燥肌対策になるクリームの選び方まとめ

 

保湿力が高いことから、愛用している方も多い化粧品であるクリーム。

 

このクリームを使うことはもちろん、選び方に少し気を付けるだけで乾燥をより防ぐことができるんです。

 

そこで、乾燥肌対策として知っておきたいクリームの上手な選び方をおまとめいたしましたので、ぜひご覧ください。

 

化粧水や美容液などによって選ぶ

 

乾燥肌でお悩みの方がクリームを選ぶ際には、こちらの『化粧水や美容液などによって選ぶ』のがおすすめです。

 

クリームには、『化粧水などで取り入れた保湿成分を閉じ込めるもの』と『クリーム自体で保湿をするもの』があります。

 

クリームの前に使用する化粧水や美容液などでしっかりと保湿成分を取り入れている場合、クリームから保湿成分を取り入れる必要はありません。

 

そのため、『保湿力』よりも『保湿成分を逃がさない皮脂の代わりになる力』の高いクリームを選ぶのがよいですね。

 

もし、化粧水や美容液が保湿以外の美白や毛穴対策に特化しているものを選んでいた場合には、クリームで保湿までする必要があります。

 

そのため、『セラミド』や『ステアリン酸コレステロール』などの保湿力の高い成分が配合されているクリームを選ぶのがおすすめです。

 

特におすすめなのは、ヒト型セラミドです。

 

ヒト型セラミドは元々お肌の角質層にあるセラミドと非常によく似た成分であるため刺激も少なく、保湿力が高いという特徴があるんです。

 

どちらの場合でも、せっかく取り入れたうるおい成分を外に逃がしてしまっては意味がないですよね。

 

健康なお肌にはバリア機能の一つとして、うるおいを逃がさないための皮脂が十分にあります。

 

ですが、バリア機能が低下している乾燥肌の方の場合、皮脂が足りずに化粧水や美容液から得たうるおい成分が逃げてしまう可能性があります。

 

そのため、特に乾燥肌がひどいという方は化粧水や美容液で保湿成分を取り入れた上で、しっかりと保湿成分を閉じ込めてくれるクリームを選ぶようにしましょうね。

 

皮脂の代わりには『ワセリン』がおすすめ

 

『お肌にうるおい成分を閉じ込める皮脂』の代わりにクリームを使いたいという方には、『ワセリン』がおすすめです。

 

お使いいただいたことのある方ならお分かりだと思いますが、ワセリンは水を弾きます。

 

これほどまでに強いカバー力を持っているワセリンが配合されているクリームを使用することで、うるおい成分を外に逃がすことなく閉じ込めることができます。

 

実際に、乾燥肌で皮膚科を受診した際に処方されることもあります。

 

刺激が少なくお肌の表面で留まってくれるため、角質層へ影響を及ぼすことなくしっかりとカバーをしてくれます。

 

うるおい成分を閉じ込めてくれるカバー力の高いクリームとして、オイルが含まれているものがあります。

 

オイルも水を弾くことからおわかりいただけるように、確かにカバー力は申し分ありません。

 

ですが、乾燥肌の方には残念ながらおすすめできません。
なぜなら、お肌をカバーしてる皮脂膜というものは、油だけではなく皮脂や汗などの様々な成分が混じり合ってできているものだからです。

 

この代わりにオイル入りのクリームをつけると、満足のいくカバー効果が得られないどころか、お肌に刺激を感じて肌荒れやニキビなどの肌トラブルが発生する可能性もあります。

 

また、オイルの種類によっては角質層まで入り込み、思わぬ肌トラブルの原因となることもあります。

 

どうしてもオイル入りのクリームを使いたいという方は、人間の皮脂に近い成分のものを選ぶようにしましょう。