角質層をいたわることが大事!化粧水で乾燥肌対策をするには

 

お肌のケアとして毎日使う化粧品である化粧水。実は、化粧水の選び方によっては乾燥肌を改善することも可能なんです。

 

今回は、乾燥肌の方必見の乾燥肌対策になる化粧水の選び方をご紹介したいと思います。

 

水溶性の保湿成分から選ぶ

 

化粧水を選ぶ際には、こちらの『水溶性の保湿成分から選ぶ』というのがおすすめです。

 

化粧水は、洗顔などによってお肌の角質層から失われてしまった潤い成分を取り入れるものです。

 

潤いが失われたお肌に浸透しやすいよう、水などをベースに作られることが多いですね。

 

そのため、水溶性の保湿成分が配合されているもの方か、よりその効果を実感することができるんです。

 

具体的には、『ヒアルロン酸』・『グリセリン』・『コラーゲン』などですね。

 

これらの成分の中でも『水溶性』と表記されているものがあれば、そちらを選ぶのがおすすめです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどは角質層ではなく真皮層にある成分なのですが、これら自体に水分を保持する働きがあるため、化粧水から取り入れるのも有効です。

 

また、角質層にある天然保湿因子『NMF』を配合している化粧水もあります。

 

この化粧水は、元々お肌にある成分を補うという働きをしてくれるため、特にひどい乾燥肌に悩んでいるという方におすすめですよ。

 

紫外線ダメージを軽減してくれるものを選ぶ

 

乾燥肌の方には、こちらの『紫外線ダメージの軽減をしてくれるものを選ぶ』というのもおすすめです。

 

乾燥肌の場合、外部の刺激からお肌を守るバリア機能が低下しています。

 

そのため、紫外線によるダメージを大きく受け、乾燥肌の悪化やシミ・しわなどの肌トラブルが発生する可能性が高まっているんです。

 

そこで、プラセンタなどの保湿ケア・美白ケアの両方ができる成分が配合されている化粧水を選ぶことをおすすめします。

 

プラセンタは、馬や豚の胎盤から作られる、高い保湿力や美白効果がある上にお肌にも優しいと、今注目されている美容成分です。

 

美白成分としては、ビタミンC誘導体などが配合されている化粧水も販売されていますが、こちらは刺激が強いため乾燥肌の方にはおすすめできません。

 

紫外線ダメージの軽減という観点から選ぶのであれば、お肌に優しいプラセンタ配合の化粧水を選ぶようにしましょう。

 

角質層をいたわってくれるものを選ぶ

 

乾燥肌の方には、こちらの『角質層をいたわってくれるものを選ぶ』というのもおすすめです。

 

洗顔後の角質層におけるうるおい成分を補う化粧水の場合、保湿成分と同時に角質層自体を健康にしてくれる成分も取り入れることで、より乾燥肌の改善に期待ができます。

 

具体的には、先ほど軽くご紹介した天然保湿因子であるNMFの生成を促してくれる『ヨクイニン(ハトムギエキス)』や、セラミドなどの細胞間脂質の生成を促してくれる『ユーカリ抽出液』や『ライスパワーNo.11エキス』などです。

 

これらの成分が配合されている化粧水を使うことで、本来お肌自身が持っているうるおう力を高めることができます。

 

そのため、乾燥肌で悩んでいる方には保湿成分と合わせて取り入れるのがおすすめなんですね。

 

添加物の入っていないものを選ぶ

 

化粧水に含まれている様々な成分をご紹介してまいりましたが、忘れてはいけない成分があります。
それが、添加物です。

 

化粧水に含まれることの多い添加物に、防腐剤があります。

 

品質保持のために配合されることが多いですが、こちらのような添加物が入っている化粧水を使用してしまうと、乾燥肌の悪化や様々な肌トラブルが発生することがあるんです。

 

そのため、カサカサ肌で悩んでいるという方は添加物が使われていない化粧水を選ぶようにしましょう。