さっぱり洗えるだけではだめ?乾燥肌改善におすすめな洗顔料の見るべきポイント

 

一日に何度も使うことのある化粧品である洗顔料。実は、洗顔料の選び方によっては、カサカサしやすい乾燥肌を改善することができるんです。

 

そこで今回は、乾燥肌の方にはぜひ知っておいていただきたい、乾燥肌対策になる洗顔料の選び方をご紹介したいと思います。

 

泡立ちのよいものを選ぶ

 

乾燥肌が洗顔料を選ぶ際に注目していただきたいのが、この『泡立ちのよさ』です。

 

乾燥肌は非常にデリケートであるため、少しの刺激でも大きなダメージとなります。

 

『洗顔』という行為だけでも、お肌を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性がある行為です。

 

そのため、泡立ちが悪いもので洗顔をしてしまうと、手のひらや指などで無意識にこすってしまい、お肌へのダメージをさらに高めてしまうのです。

 

しっかりと泡立てられた洗顔料はクッションの役割を果たしてくれるので、泡立ちのよい洗顔料を使うことでこのリスクを回避することができるのです。

 

このことから、洗顔料を選ぶ際には『泡立ちのよさ』に注目することが大切だと言えるんですね。

 

成分から選ぶ

 

次に注目をしたいのが、配合されている成分です。

 

多くの洗顔料には、泡立ちをよくするために『合成界面活性剤』が配合されています。

 

この『合成界面活性剤』は、お肌につけることでバリア機能を低下させ、乾燥肌を悪化させる可能性があるんです。

 

最近配合されている合成界面活性剤の質はよいため『合成界面活性剤が配合されているからよくない』とは一概に言えませんが、配合されている割合や組み合わせによっては乾燥肌を悪化させる可能性があるのも事実です。

 

そのため、特にひどい乾燥肌に悩んでいるという方は、合成界面活性剤が配合されていない洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

迷ったら純石鹸がおすすめ

 

『洗顔料を探しても合うものがみつからない』という方や、『種類が多くてどれがよいのかわからない』という方はには、純石鹸がおすすめです。

 

純石鹸には、先ほどご紹介した合成界面活性剤は使用されていません。

 

石鹸が持つ界面活性成分のみで泡立てることができるので、合成界面活性剤を使用する必要がないんです。

 

泡立てにくいイメージのある石鹸ですが、泡立てネットなどを上手に使うことでしっかりと泡立てることができます。

 

また、洗顔後にぬるま湯で洗い流すことで、お肌にダメージを与える可能性のある成分もきちんと落とすことができます。

 

洗い上がりに感じる多少のツッパリ感に不安を持たれる方もいらっしゃいますが、特に心配はありません。

 

これは純石鹸による洗顔でお肌がアルカリ性に傾いていることによって生じています。

 

お肌には、アルカリ性から自然と弱酸性に戻そうとする力があるため、時間がたつことでいつものお肌に戻ります。

 

純石鹸による洗顔では角質層に強いダメージを受けることはないため、どれにしようか迷ったら、純石鹸を選ぶのがおすすめですよ。

 

★ ゆるま湯のみの洗顔でも大丈夫

 

特にひどい乾燥肌であるという方の場合、『洗顔料がしみる』ことがあるかと思います。
その場合には、無理をして洗顔料を使わずに、ぬるま湯のみで洗顔をおこなっても問題ありません。

 

洗顔料がしみる方はお肌のバリア機能が著しく低下している可能性があるため、洗顔料を使い続けることで乾燥肌が悪化することがあるからです。

 

洗顔の大きな目的は、『汚れを落とすこと』と『古い角質を落とすこと』です。
ぬるま湯のみでの洗顔の場合、『汚れ』は落とせても『古い角質』までは落とせない可能性があります。

 

そのため、お肌の調子が戻ってきたら純石鹸を使ってお肌をいたわりながら洗顔をおこなうようにしましょうね。